ご存知ですか? 戸建ての修繕コスト そんなあなたの役に立ちたい情報サイト

>

戸建ての内装・外装の知っておいて損はしない修繕コスト情報

内装で一番修繕しなくてはいけない場所

内装で一番修繕しなくてはいけない場所はトイレ・お風呂・キッチンなどの水回りと言われています。
トイレを修繕?
と思いがちですが便器ではなく便座の老朽化により便座と便器の間から水が漏れ始めたりします。
お風呂はどこを修繕しなくてはいけないのでしょうか?
お風呂とは一番水に濡れる場所であり一番掃除を怠ってはいけない場所です。
表面上はきれいにしてても掃除の行き届かなかった場所は必ずあります。
そういった場所に汚れやカビなどが見受けられた場合洗浄作業を行わらなければなりません。
また、使い続けた周りのシャワーノズルなど老朽化による取り換えなども必要になってきます。
キッチンも同様に使い続けたシンクの蛇口の老朽化による取り換えやシンク下の排水管の水漏れによる修繕が必要になってきます。
なのでどこが一番修繕しなくてはいけないのかというと水回りすべてと考えておいたがいいと思います。

内装で一番修繕コストが掛かる場所

内装で一番修繕コストが掛かる場所と言ったら上記でも述べたように水回りが一番修繕しなくてはいけない場所であり、水回りの修繕が一番コストが掛かります。
また、修繕経験者数も多いです。
おおよそではありますが、1回の修繕にかかるコストを紹介していきます。
まず、水回りなどのキッチンは約130万円、お風呂は約100万円、トイレは約50万円、洗面台は約30万円となっています。
次に、水回り以外の内装である壁紙・内壁は約70万円、床は約65万円、玄関は約50万円となっています。
おおよそではありますが1回の修繕で約30万~100万円以上の修繕コストが掛かります。
急にこの金額を請求されても毎月修繕コストのことを考えて積み立てをしていなければ赤字になってしまうのではないでしょうか?
なので、一番修繕コストが掛かる場所は金額的にはキッチンですが、どこを修繕しようとしてもまず、業者の方に見積もりを立ててもらって計画的に修繕することをオススメします!


この記事をシェアする